マクロチル(チルミコシン300mg / ml)100ml注射液
カテゴリー
ショッピングカート
0 アイテム

マクロチル(チルミコシン300mg / ml)100ml注射液

マクロチル(チルミコシン300mg / ml)100ml注射液
モデル: マクロライド系抗生物質
リワードポイント: 0
可用性: 在庫有り
価格: ¥11,900

(商品説明)

有効成分:チルミコシン300mg / ml

チルミコシンは、タイロシンから合成された広域スペクトルの半合成殺菌性マクロライド抗生物質。

マイコプラズマ、パスツレラ、ヘモフィルス属菌に対して主に有効な抗菌スペクトルを持っており、ブドウ球菌属などのさまざまなグラム陽性菌、バクテリアのタンパク質合成に影響を与えます。

主に牛および羊の呼吸器感染症の治療に使用されます。

チルミコシン感受性微生物、および黄色ブドウ球菌およびマイコプラズマ属に関連するヒツジ乳房炎の治療の他、牛の指間壊死菌症(ウシ足皮膚炎、足の汚れ)およびヒツジの足腐れの治療にも効果を発揮します。

チルミコシンと他のマクロライド抗生物質の間の交差耐性が観察されており、皮下注射後、チルミコシンは主に胆汁を介して糞便に排泄され、少量が尿を介して排泄されます。

 

(使用法)

参考目安投与量

<皮下注射の場合>

牛の肺炎:体重30kgあたり1ml(10mg / kg)。

牛の指間壊死菌症:体重30kgあたり0.5ml(5mg / kg)。

羊–肺炎および乳腺炎:体重30 kgあたり1ml(10mg / kg)。

羊の足腐れ:体重30kgあたり0.5ml(5mg / kg)。

 

<禁忌>

・チルミコシンに対する過敏症または抵抗性。

・他のマクロライド、リンコサミドまたはイオノフォアの同時投与。

・馬、ブタ、ヤギの種、または体重15kg以下の子羊への投与。

・人間が消費するための牛乳を生産する牛への投与。

・静脈内投与。

・妊娠中は、獣医師によるリスク/ベネフィット評価の後にのみ使用してください。子牛から60日以内の未経産牛には使用しないでください。

・アドレナリンまたはプロプラノロールなどのβアドレナリン作動性拮抗薬と併用しないでください。

 

<副作用>

時折、注射部位にやわらかいびまん性の腫れが生じることがありますが。通常は自然に消失します。

牛への大量皮下投与(150 mg / kg)の複数回注射の急性症状には、軽度の限局性心筋壊死、顕著な注射部位浮腫、および死亡を伴う中等度の心電図変化が含まれる場合はあります。

羊に30mg / kgを単回皮下注射すると、呼吸数が増加し、高レベル(150 mg / kg)の運動失調、嗜眠、頭の垂れ下がりが生ることがあります。

 

<注意>

人間へのこの薬の注射は非常に危険であるため、細心の注意を払い、偶発的な自己注射を避けるために適切な措置を講じてください!

当薬剤は獣医のみ使用が認められていますので、必ず獣医師による診察、治療の一環として投与する必要があります。

過剰摂取を避けるために、動物の正確な体重測定は重要です。 48時間以内に改善が見られない場合は、診断を再確認する必要があります。投与は原則1回のみです。

 

(使用期限)

ご注文日より1年以上有効のもの

Skydrugagent © Sky Drug Agent