マレイン酸アセプロマジン20mg/ml,100ml注射液
カテゴリー
ショッピングカート
0 アイテム

マレイン酸アセプロマジン20mg/ml,100ml注射液

マレイン酸アセプロマジン20mg/ml,100ml注射液
モデル: 神経遮断・鎮静剤
リワードポイント: 0
可用性: 在庫有り
価格: ¥17,900

(商品説明)

有効成分:マレイン酸アセプロマジン20mg/ml。

 マレイン酸アセプロマジンは鎮静剤および筋弛緩薬です。

当薬剤には、鎮静、筋弛緩、低体温、降圧、抗ヒスタミン、アドレナリン分解、制吐、睡眠、抗ストレス作用があります。

睡眠薬、局所麻酔薬、全身麻酔薬としての効果を有しています。

マレイン酸アセプロマジン–鎮静剤として(臨床検査中、治療手順中、動物の輸送前)、および麻酔前の動物の前投薬として使用されます。

当薬剤は、馬、犬、猫に、主麻酔薬の導入の15〜20分前に手術前の前投薬、痛みを和らげ、検査や輸送の前に攻撃的な動物を落ち着かせるための、鎮静剤としてよく使用されます。

静脈内投与した場合、薬物の作用は5〜8分後に見られ、筋肉内投与した場合、15〜25分後に見られます。鎮静効果は約1時間持続します。非経口投与中、それはすべての組織に急速に浸透し、肝臓で代謝され、腎臓から排泄されます。

対象種:馬、牛、羊、豚、山羊、犬、猫。

ベルギー製

 

 

 

(使用法)

ゆっくりと静脈内投与。

以下の用量を目安に筋肉内に深く静脈内にはゆっくり投与。

動物1匹あたりの最大単回投与量は、犬で3 mg、猫で1mgです。

大型犬種および短頭犬種では、できるだけ低用量を使用してください。

 

馬:ゆっくりと静脈内投与:0.05-0.06ml/10kg

       筋肉内注射の奥深く:0.05-0.1ml/10kg

 

犬:ゆっくりと静脈内投与:0.05-0.1ml/10kg

       筋肉内注射の奥深く:0.2-1ml/10kg

 

猫:筋肉内注射の奥深く:0.5-1ml/10kg

 

 

<禁忌>

妊娠中の肝臓、心臓、肺、糖尿病などの疾患のある雌動物には投与しないでください。低体温症、低血圧、大量の失血を伴う出血、およびストリキニーネ中毒には使用しないでください。

有機リン酸塩(殺虫剤)、局所麻酔薬と一緒に使用しないでください。

 

保管条件:

40-77F(+ 4〜 + 25°C)の乾燥した暗い場所。

開封後は冷蔵庫に保管し、30日以内にご使用ください。

貯蔵寿命は製造日より3年です。

 

(使用期限)

ご注文日より1年以上有効のもの

Skydrugagent © Sky Drug Agent