ゴナトロピン10000(注射用ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)6本
カテゴリー
ショッピングカート
0 アイテム

ゴナトロピン10000(注射用ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)6本

ゴナトロピン10000(注射用ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)6本
モデル: 排卵誘発剤
リワードポイント: 0
可用性: 在庫有り
価格: ¥39,900

(商品説明)

もともとは人間用医薬品ですが、動物薬としても使われます。

HCG注射剤に含まれる有効成分は、ヒト絨毛性ゴナドロピン

 HCG注射の各バイアルは10000μlの精製ヒト絨毛性ゴナドロピンを含有しています。

ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンは胎盤由来の糖蛋白質であり、雌製動物に対しては主に黄体形成ホルモン(LH用)作用を持ち、卵包刺激ホルモン(FSH)様作用は弱く、雄性動物に対しては間質細胞を刺激し、男性ホルモンを分泌させます。

-効果・効能―

馬(雌):卵胞のう腫、排卵障害、卵胞発育障害(卵巣発育不全、
     卵巣静止、卵巣萎縮)
牛(雌):卵胞のう腫、排卵障害、卵胞発育障害(卵巣発育不全、
     卵巣静止、卵巣萎縮)
豚(雌):卵胞発育障害(卵巣発育不全、卵巣静止、卵巣萎縮)、分娩後の発情誘起
犬(雌):卵胞発育障害(卵巣発育不全、卵巣静止、卵巣萎縮)、
     無発情期における発情誘起
馬(雄):精巣機能減退(交尾欲減退)
牛(雄):精巣機能減退(交尾欲減退)
豚(雄):精巣機能減退(交尾欲減退)

成分・分量:1アンプル中ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン10000単位。

 

在庫保有不可能商品ですので、都度、取り寄せ発送となります。

ご注文頂いてからお手元に届くまで3週間程度かかります。

 

 

(使用法)

HCG注射の投与量は筋肉内に投与されなければなりませんが、使用法や投与量に関しては生体の年齢と体重、獣医師の所見によって異なってきますが一般的な投与方法や量などは下記の通りです。

 

添付の溶解液に溶解し、1日1回1頭当たりヒト絨毛性性腺刺激ホルモンとして下記の量を注射します。
馬(雌): 1,500〜 6,000単位(筋肉内、皮下注射)
牛(雌): 1,500〜10,000単位(静脈内、筋肉内又は皮下注射)。
     但し、卵胞のう腫の場合はのう腫腔内、卵胞発育障害の場合は
     卵巣実質内に1,500〜3,000単位を注射します。
豚(雌): 1,500〜 3,000単位(筋肉内注射)
犬(雌): 150〜 3,000単位(筋肉内注射)
馬(雄): 1,000〜 2,000単位(筋肉内注射)3日ごとに投与します。
牛(雄): 1,000〜 2,000単位(筋肉内注射)3日ごとに投与します。
豚(雄): 1,000〜 2,000単位(筋肉内注射)3日ごとに投与します。

 

乾燥製品を20°Cから25°C(68°Fから77°F)で保管、15°Cから30°C(59°Fから86°F)の範囲で移動可能。

 

<ヒト絨毛性ゴナドトロピン注射禁忌>

ヒト絨毛性ゴナドトロピン注射は、思春期早発症、前立腺癌または他のアンドロゲン依存性新生物、HCGに対する以前のアレルギー反応のある生体には禁忌です。

妊娠中の生体に投与すると、HCGは​​胎児に害を及ぼす可能性があります。 HCG / PMS(妊娠中の雌の血清)との併用治療は、用量依存的に、マウスの子孫において外部先天異常の高い発生率を引き起こすことが観察されている。

ヒト絨毛性ゴナドトロピン注射の副作用

ヒト絨毛性ゴナドトロピン注射の可能性のある副作用には、頭痛、過敏性、落ち着きのなさ、鬱病、疲労、浮腫、早発思春期、女性化乳房、注射部位の痛みが含まれます。

 

<一般的な注意事項>

1. HCGによるアンドロゲン分泌の誘導は、停留精巣症の治療を受けている患者に早発思春期を誘導する可能性がある。早発思春期の兆候が見られた場合は、治療を中止する必要があります。

2.アンドロゲンは体液貯留を引き起こす可能性があるため、HCGショットは心疾患または腎疾患、てんかん、片頭痛、または喘息の患者には注意して使用する必要があります。

 

必ず獣医師の指示、管理の下で使用して下さい。

 

 

(使用期限)

ご注文日より1年以上有効のもの。

Skydrugagent © Sky Drug Agent