エクイバラゾン経口パウダー32サシェ(袋)
カテゴリー
ショッピングカート
0 アイテム

エクイバラゾン経口パウダー32サシェ(袋)

エクイバラゾン経口パウダー32サシェ(袋)
モデル: 筋骨格関連治療薬
リワードポイント: 0
可用性: 在庫有り
価格: ¥10,900

(商品説明)

エクアパラゾン1gフェニルブタゾンを含有しており、馬やポニーの筋骨格関連の治療に使用されます。

抗炎症性や鎮痛性を有しているため、関節炎、椎弓膜炎、滑液包炎、甲状腺炎および手術後の跛行の治療に有効です。

通常1日1回使用します。長期、短期にかかわらず使用できます。

 

在庫保有不可能商品ですので、ご注文後、都度、各種証明手続きを経て後、専門サプライヤーよりの取り寄せ発送となります。

ご注文頂いてからお手元に届くまで4週間ほどかかりますこと、ご了承下さい。

<ヨーロッパ製>

 

(使用法)

注)ご使用に関しましては必ずかかりつけの獣医師の指示、管理の下にご使用下さい。

経口投与にて投与。

投与量は、個々の動物の反応に応じて調整する必要がありますが、以下をが参考例となります。

馬:450kg(1000ポンド)体重

治療開始初日2回投与。つまり1回につき2サシェを2回投与(8・8mg / kg /日に相当)する。2日目以降、1サシェを2回投与(4.4mg/kg/日)し、それを4日間継続する。投与4日経過後、経過を見て毎日1サシェを1回、もしくは隔日で1サシェを1回投与(2.2mg/kg)し、更に経過を観察する。

 

ポニー

225kg(500ポンド)の体重、

隔日で1サシェ(4.4mg / kg)を1回投与。

処置4〜5日経過後に何らかの反応が見られない場合は、投与治療を中止して下さい。

 

粉末を少量の飼料と混合して投与して下さい。

 

(禁忌、警告など)

・薬剤に記載された用量または治療期間を超えてはいけません。

・他の非ステロイド性抗炎症薬を同時にまたは24時間以内に投与しないでください。

・心臓、肝臓または腎臓疾患に罹患している動物、胃腸の潰瘍または出血の可能性がある場所、または血液疾患の証拠があるか、または製品に過敏症がある場所では使用しないでください。

・処置が4〜5日後に明らかでない場合は、治療を中止して下さい。

・フェニルブタゾンの臨床効果は、投与を中止してから少なくとも3日間明白であり得ます。馬の健全性を検討する際には、これを念頭に置いておく必要があります。

・6週齢以下の動物、または高齢の動物での使用には、追加のリスクが伴うことがあります。そのような使用を避けることができない場合、動物は、投与量の減少および特別な臨床管理を必要とする可能性があります。

・脱水されたhypovolaemicまたはhypotensive動物での使用は、毒性の増加のリスクがあるので避けてください。

・プロスタグランジン合成を阻害するNSAIDは、完全に回復するまで全身麻酔を受けた動物に投与されないことが好ましいとされています。

・長期療法に対する反応は、獣医師が定期的に監視する必要があります。

・獣医用医薬品を動物に投与する者が行う特別予防策:偶発的な摂取、皮膚への接触または粉じんの吸入の危険を減らすため、常に注意して取り扱う必要がある。偶発的な皮膚や目に入った場合は、直ちに水で洗うこと。製品が摂取された場合は、直ちに医師の診察を受け、製品の包装を見せてください。

・医師へのアドバイス:胃洗浄(小児の嘔吐)は緊急に行われるべきである。炭の血液灌流も有益であることが示されている。その後、対症療法を施さなければならない。

・その他の予防措置:いくつかの当局(ジョッキークラブを含む)は、フェニルブタゾンを競争規則の下で「禁止された物質」とみなしている場合があります。したがって、競技馬でのこの製品の使用は、関連する競技当局の推奨/助言に従って下さい。

・副作用:非ステロイド性抗炎症薬は食作用の阻害を引き起こすことがあり、したがって細菌感染に関連する炎症状態の治療において、適切な同時抗菌療法が喚起されるべきとされています。

・妊娠中および授乳中の使用:妊娠中のフェニルブタゾンの安全性は確立されていません。可能であれば、特に第1妊娠中は妊娠中の使用を避けるべきであるとされています。

いくつかの非ステロイド性抗炎症薬は、血漿タンパク質に高度に結合し、他の高度に結合した薬物と競合して、毒性効果をもたらし得る非結合薬理学的に活性な濃度の増加を生じる可能性があります。

・潜在的に腎毒性薬物(例えば、アミノグリコシド抗生物質)の同時投与は避けるべきであるとされています。

・胃腸管潰瘍は、非ステロイド系抗炎症薬を投与された動物のコルチコステロイドによって悪化する可能性があります。

・過剰投与:フェニルブタゾンの治療指数は低い。男性では、ドーパミンと併用した炭の血液灌流が、フェニルブタゾンで過剰投与をうまく治療するために成功裏に使用されていますが、馬にはこの技術の経験はありません。

・人間が食用として消費する馬には絶対使用しないで下さい。馬は法律上、人間の摂取のために決して屠殺されるべきものではないのが本薬剤の製造国では当然のこととみなされています。

・既知の非互換性はありません。エクアパルゾンパウダーは、カプセル化コートの早すぎる溶解を防ぐために、乾燥食品とのみ混合してください。

医薬品の予防措置

・25℃以上で保管しないでください。乾燥した場所に保管してください。

・販売用にパッケージ化された獣医医薬品の有効期間は4年です。

・未使用の獣医用医薬品またはそのような獣医医薬品由来の廃棄物は、現地の要件に従って処分する必要があります。

・各顕著な分割(リングの2ターン)は、1単位用量(すなわち、1gのフェニルブタゾン)に相当する。

・ノズルからキャップを外す。 必要な投薬量にリングを回して下さい。 可能な限り舌の後ろに近いところで急速に投与するようにして下さい。 使用後はキャップを交換してください。 涼しい場所に保管してください。

・使用中にコンタミネーションが発生するのを避けてください。

・同時に、または互いに24時間以内に他のNSAIDを投与しないでください。

・プロスタグランジン合成を阻害するNSAIDは、完全に回復するまで全身麻酔を受けた動物に投与されないことが好ましいとされています。

・胃腸障害または血管障害、口腔潰瘍または治療中の不快感を発現する動物では、投与量を中止すべきです。

・潜在的に腎毒性薬物(例えば、アミノグリコシド抗生物質)の同時投与は避けるべきである。

・プロスタグランジン合成を阻害するNSAIDは、完全に回復するまで全身麻酔を受けた動物に投与されないことが好ましいとされています。

・胃腸管潰瘍は、非ステロイド系抗炎症薬を投与された動物のコルチコステロイドによって悪化する可能性がある。

・フェニルブタゾンの治療指数は低い。男性では、ドーパミンと併用した炭の血液灌流が過剰投与の治療に用いられてきた。馬にはこの技術の経験はありません。

(使用期限)

ご注文日より最低1年以上のもの

Skydrugagent © Sky Drug Agent